Metal & Technology 鉄鋼新聞

  • メール配信申込
  • 定期購読申込
  • 広告掲載申込
  • ENGLISH
文字サイズ

  • RSS

2017年02月01日 19:01更新

【アルミニウムチャイナレポート】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
〈アルミニウムチャイナ2016〉
 昨年7月に開催されたアジア最大級のアルミ製品展示会「アルミニウムチャイナ2016」は3日間の日程で、世界75カ国・地域から1万9530人の来場者し出典企業も400を超えるなど集めるなど盛況となった。来場者の3分の1は自動車メーカーであり、10分の1は運送・梱包関連だった。主催者のリード・エグジビジョン社は「来場者の8割以上が購買決定に重要な役割を持つ役職のメンバーが訪れた」と分析している。
2015年度中国国際アルミニウム工業展覧会
※2015年度中国国際アルミニウム工業展覧会の写真

レポートによると中国以外の国別参加者ランキングでは1位韓国、2位インド、3位日本、4位タイ、5位台湾だった。日本からはUACJや神戸製鋼所などの圧延メーカーが参加したほか、商社・流通のトップも足を運んでいた。
「2016アルミチャイナ弊紙掲載記事」(※画像クリックでPDFを表示できます)
鉄鋼新聞記事
「アルミニウムチャイナ2016レポートPDF(英語版)」はこちら

〈アルミニウムチャイナ2017〉
今年は7月19〜21日の3日間、前回と同じ上海新国際博覧センターで「アルミニウムチャイナ2017」が開催される。今回は特にマルチ材料・マルチプロセス・マルチテクノロジーを通じて「自動車の軽量化アプリケーション」をテーマに展示会を開催する。
また来場者へは情報収集の一助として現地企業への工場見学会を企画するほか、各種会議・セミナープログラムを用意する計画だ。
中国国際アルミニウム工業展覧会

製品・技術紹介おススメの新製品や最新技術などを紹介します

2017年02月01日 19:01更新

【アルミニウムチャイナレポート】

〈アルミニウムチャイナ2016〉
 昨年7月に開催されたアジア最大級のアルミ製品展示会「アルミニウムチャイナ2016」は3日間の日程で、世界75カ国・地域から1万9530人の来場者し出典企業も400を超えるなど集めるなど盛況となった。来場者の3分の1は自動車メーカーであり、10分の1は運送・梱包関連だった。主催者のリード・エグジビジョン社は「来場者の8割以上が購買決定に重要な役割を持つ役職のメンバーが訪れた」と分析している。

鉄鋼ニュース
一覧を見る

訃報 ―おくやみ―

一覧を見る
  • 2017年03月15日 更新 古波津 清昇氏 (こはつ・せいしょう=拓南製鉄創業者、拓伸会会長)14日午前5時死去、95歳。  告別式はあす17日午後1時から(一般焼香は午後2時〜3時半)、那覇市松山1―9―1の大典寺で行う。喪主は長男で拓南製鉄社長の昇(のぼる)氏。
  • 2017年03月13日 更新 水間 みさ子さん (みずま・みさこ=水間静夫サンエーテック社長の母)10日午前7時56分死去、85歳。 告別式はきょう14日午後1時から、宮城県宮城郡利府町中央3丁目12―12の白寿殿利府で行われる。喪主は静夫(しずお)氏。


Copyright japanmetaldaily All Rights Reserved.