Metal & Technology 鉄鋼新聞

  • メール配信申込
  • 定期購読申込
  • 広告掲載申込
  • ENGLISH
文字サイズ

  • RSS

鉄鋼ニュース

2017年05月18日のヘッドライン

2017年05月18日 06:00更新

関東の鉄スクラップ電炉買値が反発、湾岸周辺メーカー引き上げ

 関東地区で電炉メーカーの鉄スクラップ購入価格が反発した。堅調な船積みを背景に湾岸価格がジリ高で推移。入荷が落ち込んだ湾岸周辺の電炉メーカーで買値引き上げの動きが広がった。上げ幅は500〜2千円と各社まちまちで、17日時点でのメーカー実勢購入価格(H2)は2万3500〜5千円どころ。湾岸価格(H2)は2万4500〜5千円に切り上がっている。目先も入荷促進を図るため値上げの動きが散発しそうだ。

2017年05月18日 06:00更新

本紙調べの4月主要鋼材流通調査、不需要期入りで販売低調

 鉄鋼新聞社はこのほど、東京、大阪、名古屋地区の有力鋼材販売店、コイルセンター、厚板シャーなど鋼材流通加工業者における4月の販売、在庫状況をまとめた。例年の不需要期に入ったこともあり、各品種とも前月比で販売が低調。特にH形鋼、異形棒鋼、薄板で販売減が目立つ。鉄スクラップ市況の下落傾向や建築案件のずれ込み、稼働日数などの影響もあるとみられる。在庫水準に大きな変化はなかったが、一部品種では販売不振による自然増の動きもあった。

2017年05月18日 06:00更新

「ダイバーシティ経営、鉄鋼業界の取り組み」(上)=新日鉄住金、3製鉄所に保育所

2017年05月18日 06:00更新

関西普通鋼電炉の5月生産見通し、前月比1万トン増

 関西地区・普通鋼電炉各社の5月生産見通し(圧延計画ベース)は、10社グループ14事業所合計で4月実績見込みの38万トン弱に比べて1万トン増の39万トンになるもようだ。大阪地区が27万トン、姫路地区が12万トンの見通し。業界筋が試算した。
 品種別では、H形鋼など形鋼が1万トン強増加する半面、平鋼が減少する。異形棒鋼や鋼板・構造用鋼・線材などは4月生産見込みのほぼ横ばいのもよう。

2017年05月18日 06:00更新

国際ステンレススチールフォーラム、きょう東京総会

2017年05月18日 06:00更新

熱延鋼板CCの三協則武鋼業、今年度加工量15%増目指す

2017年05月18日 06:00更新

浦安鉄鋼団地協組の4月景況調査、収益は「変わらず」が5割

2017年05月18日 06:00更新

「ジェコスの課題と展望」〈馬越社長〉=工事力と品質向上で収益拡大

2017年05月18日 06:00更新

豊田スチールセンターの独自「高品位物流システム」、累計出荷10万コンテナ達成

2017年05月18日 06:00更新

東京市場=H形鋼は辛もち合い場面

« 翌日   |  前日 »

過去記事検索
過去記事検索



Copyright japanmetaldaily All Rights Reserved.