Metal & Technology 鉄鋼新聞

  • メール配信申込
  • 定期購読申込
  • 広告掲載申込
  • ENGLISH
文字サイズ

  • RSS

鉄鋼ニュース

2017年04月20日のヘッドライン

2017年04月20日 06:00更新

新日鉄住金製チタン、公道バイクの燃料タンクに採用

 新日鉄住金は19日、ホンダの大型スポーツバイクの燃料タンクにチタンが採用されたと発表した。公道を走行できるバイクの燃料タンク本体にチタンが使われるのは世界で初めて。レース用バイクの同部品には昨年採用されていた。同時にマフラー素材にも同社製チタンが採用された。

2017年04月20日 06:00更新

中部地区の鉄スクラップ市況、500円下落

 中部地区の鉄スクラップ市況が19日、全品種トン500円下落した。地区電炉筋の実勢購入価格はH2=2万7千〜3万円となった。為替相場が19日時点で1ドル=108円と円高で推移しており「海外ユーザーは今後、国産スクラップから、より安価な原料に調達先をシフトさせる可能性がある」(港湾筋)との声も聞かれ、弱気材料が先行している。

2017年04月20日 06:00更新

「創刊70周年記念対談−日本鉄鋼業の歩みと課題・展望」〈進藤・新日鉄住金社長、柿木・JFEスチール社長〉(3)

2017年04月20日 06:00更新

本社共催の東鉄連「新人教養講座」開講

2017年04月20日 06:00更新

米澤・新日鉄住金室蘭所長が就任会見、「新たな室蘭へ幕開けの年に」

2017年04月20日 06:00更新

大阪製鉄、5月契約の一般形鋼価格据え置き

2017年04月20日 06:00更新

名古屋特殊鋼、金型補修事業を本格化。独溶接棒メーカーと代理店契約

 特殊鋼・金型加工などを手掛ける中部地区流通、名古屋特殊鋼(本社・愛知県犬山市、社長・鷲野敦司氏)は、金型補修事業を本格化し顧客サービスの強化を図る。ドイツの溶接棒メーカー「capilla」社と12日に販売代理店契約を締結して、同社製品を用いた補修溶接をスタート。素材調達からメンテナンスまでの一貫体制を武器に、今後さらなる金型関連事業の拡大を目指す。

2017年04月20日 06:00更新

「JFE商事電磁鋼板」始動

2017年04月20日 06:00更新

ハンナン、ナマシ鉄線など全品種を1万円以上再値上げ

2017年04月20日 06:00更新

東京市場=厚板は荷動き活気薄も流通の価格転嫁姿勢受け上伸含み

« 翌日   |  前日 »

過去記事検索
過去記事検索



Copyright japanmetaldaily All Rights Reserved.