Metal & Technology 鉄鋼新聞

  • メール配信申込
  • 定期購読申込
  • 広告掲載申込
  • ENGLISH
文字サイズ

  • RSS

鉄鋼ニュース

2018/08/06 06:00更新

進藤・新日鉄住金社長、温暖化対策の長期戦略「技術革新が必要」。政府の有識者懇で発言

 新日鉄住金の進藤孝生社長は3日、地球温暖化対策の長期戦略を検討する政府の有識者懇談会で、2050年に温室効果ガスを80%削減するという政府の長期目標について、目標はあくまでもゴールで、達成には大きな技術のブレークスルーが必要との考えを示した。

続きは日刊鉄鋼新聞をご覧ください。

その他の記事

各記事の詳細は日刊鉄鋼新聞でご覧いただけます。




Copyright japanmetaldaily All Rights Reserved.