Metal & Technology 鉄鋼新聞

  • メール配信申込
  • 定期購読申込
  • 広告掲載申込
  • ENGLISH
文字サイズ

  • RSS

鉄鋼ニュース

2018/02/15 06:00更新

普通鋼電炉メーカー、鉄スクラップ以外のコスト上昇。新年度は総額400億円規模

 電極や耐火物、合金鉄、輸送費などさまざまな価格高騰を受け、普通鋼電炉メーカーにとって主原料の鉄スクラップ以外のコスト高が2018年度に総額400億円規模となる見通しだ。

続きは日刊鉄鋼新聞をご覧ください。

その他の記事

各記事の詳細は日刊鉄鋼新聞でご覧いただけます。




Copyright japanmetaldaily All Rights Reserved.