Metal & Technology 鉄鋼新聞

  • メール配信申込
  • 定期購読申込
  • 広告掲載申込
  • ENGLISH
文字サイズ

  • RSS

鉄鋼ニュース

2017/02/17 06:00更新

日本製鋼所、新日鉄住金の継目無鋼管を水素ステーション用鋼製蓄圧器に採用

 日本製鋼所と新日鉄住金は16日、シームレス鋼管を使用する水素ステーション用鋼製水素蓄圧器を共同で実用化したと発表した。日鋼が鋼製水素蓄圧器(円筒形圧力容器)の主要素材として新日鉄住金・和歌山製鉄所のシームレス鋼管(クロムモリブデン鋼)を採用し、5月に市場投入する。

 シームレス鋼管を使用する水素蓄圧器は世界初。ほぼ2年半をかけて鋼管の最適な寸法や材料特性(焼入れ性、疲労耐久性など)を共同で追求し、実用化にこぎつけた。初期型の鋼製蓄圧器に比べて重量は半分以下に抑制でき、コストは同比3割低減し、日鋼はさらに同比5割減を目指す。
 燃料電池車(FCV)に水素を供給する水素ステーションでは、鋼製などの蓄圧器が1カ所当たり6〜8本程度使用される。日鋼は自社の鍛鋼品を素材とする鋼製蓄圧器で豊富な実績を持つ。水素ステーションの普及拡大に向けた軽量化・コスト低減ニーズに応えるため、今後はシームレス鋼管製を主力に据える。
 試験用など特に高圧の用途には鍛鋼製を供給する。
 日鋼は圧縮機と蓄圧器を組み合わせた小型パッケージユニットも生産・販売しており、高圧水素部位の配管や溶接継手類には新日鉄住金の高圧水素用ステンレス「HRX19」を採用する。繊維強化プラスチック(FRP)にライナー材として高強度鋼を組み合わせる複合蓄圧器も2018年度上市予定で、ここでもシームレス鋼管とHRX19を採用する。
 政府は30年にFCV65万台、水素ステーション720カ所の普及シナリオを描く。水素ステーションは現在80カ所で、今後普及が加速していく見通し。日鋼は過半シェアの獲得を目指す一方、輸出にも引き続き注力する。

続きは日刊鉄鋼新聞をご覧ください。

その他の記事

各記事の詳細は日刊鉄鋼新聞でご覧いただけます。




Copyright japanmetaldaily All Rights Reserved.