Metal & Technology 鉄鋼新聞

  • メール配信申込
  • 定期購読申込
  • 広告掲載申込
  • ENGLISH
文字サイズ

  • RSS

鉄鋼ニュース

2017/12/07 06:00更新

産総研、常温・大気中で作製可能な調光膜開発。調光ガラスのコスト低減

 産業技術総合研究所(産総研)は、常温・大気中で作製できる酸化タングステン系の調光膜を開発したと発表した。

気体の導入・除去によって材料の光学的な状態をスイッチする「ガスクロミック方式」と呼ばれる調光膜で、

続きは日刊鉄鋼新聞をご覧ください。

その他の記事

各記事の詳細は日刊鉄鋼新聞でご覧いただけます。




Copyright japanmetaldaily All Rights Reserved.